2019年初場所の注目力士と優勝予想!貴景勝に稀勢の里に矢後も!

今日は2019年1月12日です。ついに明日は待ちに待った2019年始めての本場所である初場所が始まりますね。九州場所が終わってから約一か月半ですが、だいぶ長く感じました。ぜひ今場所も熱い闘いで楽しませてほしいですね。

今場所は思ったよりも場所が始まる前の相撲に関する報道が多くはないなと感じるのですが、結構見どころがあると思っています。

29歳にして20年以上相撲を見ている(別に解説出来るわけではないですが)私が、注目している力士や優勝予想をまとめていきたいと思います。

Sponsored Link

2019年初場所の注目力士は?

まず初めに、私が2019年に注目している力士を紹介していきたいと思います。個人的には、今年は25歳以下の若手力士がさらに躍進する年になるのではないかと思っています。ぜひ期待していきたいですね。

貴景勝(たかけいしょう)

何といっても一番注目しているのは、先場所優勝している貴景勝ですね!このブログでは一番注目していますし、読まれている記事数も多いので皆さん注目しているのかもしれません。

貴景勝は高校相撲の強豪である埼玉栄高校出身でまだ22歳の若い力士です。2018年最後の本場所である九州場所で、大関高安との優勝争いに何とか打ち勝って初優勝をした後、たくさんテレビに出ていますので、ご存知の方も多いでしょう。

今までには初優勝後にテレビに出続けて翌場所で散々な結果を残していた力士もいるのですが、貴景勝は2週間程度は出ましたがそれからはしっかり相撲の稽古に取り組んでいますので、期待できます。

身体は大きくありませんが、あの誰にでも力強くぶつかっていく相撲は非常に魅力的ですし、愛嬌のある表情も人気ですよね。今場所も活躍が期待されます。

稀勢の里(きせのさと)

忘れてはいけないのは、横綱稀勢の里です。久しぶりの日本人横綱として話題になりましたが、横綱として迎えた初めての場所で優勝したものの無理して痛めた怪我が要因で、長く休むことになってしまいました。

今場所の前には、横綱審議委員会から「激励」という、今の状態は横綱にふさわしくないから、何とかしろ。という最後勧告のようなものが突き付けられています。もし今場所結果を残せなかったら、きっと引退になると思います。

年が明けてからはしっかり取り組みの稽古も出来ているようですし、少しずつ調子は上がっているようなのでまずは初日が大事ですね!初日にいい形で勝つことが出来れば、気分が乗っていくと思います。

何とか引退は避けれるように、大きな連敗がない状態で10勝は上げてほしい所です。二桁勝利が出来ないとちょっと厳しいかもしれませんね。

Sponsored Link

矢後(やご)

ここからは若手で活躍を期待している力士を紹介していきますね。まずは、新入幕の矢後です。アマチュア横綱として鳴り物入りした矢後はまだ11場所しか経験していませんが、スピード入幕を果たしています。

本名を四股名として使っている数少ない力士の一人ですね。先場所である九州場所では十両筆頭で10勝5敗という成績を残して2019年初場所の新入幕が決まりました。

初場所では前頭十三枚目として初日は明生と戦います!明生も若手注目力士ですが、私が好きな曲者の嘉風と同じ尾車部屋に所属する力士である矢後には、まずは幕内に留まってほしいですね。

逸ノ城(いちのじょう)

怪物として入門から最速のスピードで駆け上がった逸ノ城ですが、どうも関脇までは行くもののそこから先の大関取りなどのチャンスを得ることが出来ないですね。

たぶんメンタルが弱いんだと思いますが、取り組み中もあきらめが早かったり、連敗が続いてしまったりします。先場所も2日目から5連敗でした。

ただ、潜在能力は非常に大きなものを持っていることは明らかですし、先場所も後半には三連勝があったりしましたので、何とか今場所こそは安定した相撲を取れるようになってほしいですね。

よい方でムラがなくなった相撲が出来るようになれば、すぐにでも大関、横綱になってもおかしくないと思います。まずは前頭筆頭からの三役復帰ですね。

Sponsored Link

阿武咲(おうのしょう)

阿武咲は読み方が難しいですが、おうのしょうと読みます。まだ若い22歳の力士ですね先場所で優勝した貴景勝とは同い年です。

先場所は、11勝を上げて敢闘賞を受賞しました。少し調子を落としていましたが、これで前頭6枚目まで上がりましたので今年前半で三役も狙えるようなポジションまで上がってきています。

期待の力士なんですが、先場所後は同級生である貴景勝の優勝に対してコメントを求められる。というテレビ出演の仕方をしていたので、非常に悔しかったのではないかと思います。

その悔しさをばねにして、初場所ではしっかり結果を残してくれるのではないでしょうか?貴景勝と切磋琢磨しあって上位を争ってほしいです。

優勝候補は誰?

ここまで注目力士を紹介してきました。個人的にはまだまだ注目していきたい力士はいるのですが、優勝予想に移りたいと思います。

まずは大本命は先場所は休場していましたが、今場所前の稽古でもきっちり仕上がっていそうな横綱白鵬です。力は衰え、けがも増えてきましたがまだまだその力は健在で、大本命ですね。

次に注目なのは、ジョージア出身の大関栃ノ心です。最近は昨年大関に上がった後にした怪我の影響で成績が振るわなかったのですが、あのパワーは桁違いです。

そろそろ怪我も癒えてきたと思いますので、本来の力が発揮できれば白鵬と優勝争う位を演じてくれるんではないかなと思います。イケメンですし注目です。

最後に、希望的観測も込めて先場所も優勝した貴景勝です。新関脇として挑戦する初場所では、大関に繋がる大事な場所です。先場所の優勝の勢いに乗っていい結果を出してしまいます。

また、貴ノ岩の引退など同じ部屋の仲間の不祥事もありましたので、ぜひ貴景勝の活躍で払拭して相撲界を明るくしてほしいなと思います。

まとめ

待ちに待った初場所ですが、平成最後の初場所でもあります。稀勢の里への激励や不祥事、相撲協会のあまりよくない動きなど色々ある相撲界ですが、一生懸命稽古に取り組む力士に落ち度はありません。

私自身としては、ぜひ少しでも多くの方に相撲を見て頂き、相撲の魅力を知ってほしいなと思っています。もしこの記事を読んで頂けたならば、一人でも力士の名前を憶えて頂いて、スポーツニュースで結果に注目してもらえれば幸いです。

明日からの大相撲、ぜひ皆さんで楽しみましょう!

Sponsored Link

コメント