阿炎(あび)の出身校や血液型、名前の由来は?元はヤンキー?

2018年も終わりに近づいてきていますが、今年も角界には人気を集める力士がたくさん生まれました。特に、上位陣が怪我などで休場が続く中、角界を盛り上げる若い力士が多く出てきました。

今回はその中の一人である阿炎(あび)に注目した紹介記事を書いていきたいと思います。

阿炎といえば少しひょうきんなキャラクターでインタビューが話題になったり、取組前の四股が非常にきれいなことでも話題になっています。

いくつかの記事に分けようと思っていますが、まずは阿炎のベーシックな部分に着目します。ぜひ他の記事も読んで頂ければ幸いです。

Sponsored Link

阿炎(あび)の名前の由来は?

阿炎とかいて「あび」と読むのはなかなか読みにくいですよね。力士の中には四股名が読みやすい力士、読みにくい力士がいますが、阿炎はかなり読みにくい方だと思います。

下の名前も本名は洸助ですが、阿炎政虎という名前です。本名の力士が多い中で、なぜこの四股名をつけているのか気になりましたので調べてみました。

実は、「あび」という呼び名は、資料である元寺尾の錣山(しころやま)親方の愛称だったんですね。

錣山親方が「アビ」と呼ばれていたのは、赤ちゃんの頃に相撲部屋に見学に来た外国人が「a baby」といったのを、親方の兄弟が「アビ」と聞き間違えて、それが定着したようです。

また、漢字も含めてだと「阿修羅のように強く、燃えて戦う」という意味が込められています。阿炎は突き押し相撲が得意なので、あっていますね!ただ、変化も多いのでそのあたりは炎が揺らめく姿をイメージできるかもしれません。

政虎という名前に関しては、残念ながら情報が見つかりませんでした。わかり次第追記していきたいと思います。

ただ私が政虎としてイメージするのは、上杉謙信です。謙信は自身が名乗っていたわけではなく後に着けられた名前で、景虎→政虎→輝虎と名前を変えています。

義を重んじ、侵略の為の戦いはしない上杉が好きだったのかな?と想像しています。

Sponsored Link

阿炎の出身校や血液型は?

最初に阿炎の名前に関する部分を少し長めに書きましたので、ここはシンプルに書いていきたいと思います。

阿炎の出身校は越谷市立大相模中学校→千葉県立流山南高等学校に進学しました。元々小学校で相撲をやっていて、全国大会には出ていたものの、本人は相撲がそれほど好きではなかったんですね。

負けず嫌いが理由で通っていた草加相撲修練会の監督に説得されて嫌々ながら続けるも、勝てるようになると面白くなってきます。

電車で1時間以上かけて相撲クラブに通うなんて、よっぽど好きでないと続けることは難しいですよね。少し嫌々であっても、ある程度続けるのは大事だなと感じるエピソードです。

高校でも相撲部に入門し、同級生には大鵬翔もいます。選抜高校相撲大会では、のちの逸ノ城に敗れてしまいますが、3位になっています。実力もしっかりついていますね。

この先に関しては、また別記事で書いていければと思います。

ちなみに血液型ですが、B型でした。何となくインタビューとか見てるとB型っぽい印象を受けますね。それかAB型。私の兄弟は2人AB型なんですが、何となくそんなイメージです。

阿炎は元ヤンキー?

実は、阿炎にはヤンキー?といううわさがあります。検索サイトで阿炎と打つと、予測変換の所にヤンキーという言葉が出てきますよね。実際はどうなんでしょうか?

ヤンキーの定義が難しいですが、一般的な解釈をすると阿炎はヤンキーではないというのが結論です。

阿炎のSNSへの投稿や、振る舞いを見てファンの方が面白おかしく「ヤンキーみたい」という投稿をしたのが広まって、こういううわさになっているみたいですね。

相撲も格闘技なので、元々少しやんちゃな方が多いという格闘技のイメージが乗っているのもあるかもしれませんね。

別に私は他人のことをヤンキーだとかどうとか言える立場ではないですが、人を悲しませたり法に触れたりしなければ別にいいのではないかなと思います。

改めて、阿炎のインタビューや画像などを見直してみましたが、確かにヤンキーっぽいといわれるのもわかる気がします。共感できる人も多いのではないでしょうか?

ぜひ、今後も阿炎政虎の活躍に期待していきたいと思います。

Sponsored Link

コメント