大相撲朝乃山秀樹の学生時代の成績や結果、四股名の由来に注目!

ここ最近の大相撲では若い力士の活躍が目立っていますよね。まだ入門から3年の朝乃山秀樹もまだ25歳の若い力士ですが、既に8場所連続で幕内で相撲を取り、前頭5枚目まで上がってきています。

今回は、入門してからの活躍に注目されがちな力士が、学生時代にはどのような成績を残していたのか?また、四股名を決めた際のエピソードなど掘り下げていくと色々なエピソードがあります。

朝乃山の学生時代や四股名決定のエピソードに関して紹介していきたいと思います。なかなか知らないことも多いかと思いますので、楽しんで読んで頂けると幸いです。

Sponsored Link

相撲を始めるきっかけと高校まで

朝乃山が相撲を始めたのは富山市立呉羽小学校4年生時代でした。当時はハンドボールもやっていてハンドボールの方は富山県強化選手に選ばれるほどの実力だったようです。もともと、運動神経はかなりよかったんですね。

小学校のグランドの端に「太刀山道場」という土俵があったことが相撲を始めるきっかけになったと、朝乃山自身も語っていますが、この土俵が朝乃山を生んだんですね。

ちなみに太刀山は富山県出身の横綱で、怪力が売りでゴリラと比較されるような素晴らしい力士だったようです。この太刀山の存在が現在の朝乃山に繋がっているんですね。

中学校入学後はハンドボールは練習がきつくて辞めて相撲部に入りました。実は相撲部の方が練習はきつかったのですが、辞めることを言い出す機会がなかったから続けたというエピソードがあります。

この話を聞くと、朝乃山はあまり根性がないのかな?と思ってしまいますよね。もちろんそんな根性無しは角界で生き残れるわけがないので、あり得ないのですが。

結局、中学でも浦山先生にスカウトされてはいった富山商業でも全国大会には出場するものの優勝などの実績は残せないまま大学に進学しました。

Sponsored Link

大学時代は角界入りを考えていない?

高校を卒業する頃には角界入りも視野に入れつつ多くの関取を輩出している近畿大学に入学します。恒例の高砂部屋との合同稽古で当時幕下の朝弁慶との稽古で吹っ飛ばされ、角界に入ることを考えるのを辞めていたそうです。

このままだったら、朝乃山は生まれなかったという事です。

大学時代は主要なタイトルは取れませんでしたが、国体と全日本相撲選手権で4位に入ったことで三段目付け出しの資格を得て、さらに近畿大OBの高砂部屋若松親方の勧誘によって入門を決めました。

実は、一番の決め手となったのは高校時代の恩師である浦山先生に、富山に戻っても就職先はない!と言い切られ、その結果今の朝乃山が生まれたんですね。

こうしてみると、高校時代の恩師である浦山先生の朝乃山に対する影響はとても大きいことがよくわかりますね!

四股名には想いがこもっている

朝乃山秀樹という四股名ですが、どのように決まったのでしょうか?それに朝乃山は少し変わっていて、一般的に日本人力士は下の名前は本名を持ってくるのですが、朝乃山の本名は石橋広暉です。

朝乃山の「朝」は高砂部屋の伝統的な名前で、朝青龍や朝赤龍なども高砂部屋の出身で朝の字をつけていましたので、そこから朝の字をつけています。

また、朝乃山の「山」は故郷の立山や自身が相撲を始めるきっかけとなった太刀山、また高校時代の恩師であった浦山先生から名前をもらっているようです。

実は、朝乃山は十両に挙がる時に名前を変えているのですが、十両に上がることを決めた幕下での最後の取り組みの翌日に、浦山先生は40歳という若さでがんで亡くなりました。

その時に、浦山先生から朝乃山に託されたメッセージによって、朝乃山は元々はほかの名前を考えていたそうですが、朝乃山に決め、下の名前は自身の広暉から、石橋先生の名前である秀樹に変えました。

自分の思い描いていた名前や本名を変えるほどに影響を受けるなんて、それほど朝乃山の中では浦山先生の存在は大きなものだったんですね。

浦山先生からのメッセージには、朝乃山に横綱になってほしいと書いてあったそうなので、そこを目指してこれからも頑張ってほしいです。

Sponsored Link

コメント