角界の最軽量力士炎鵬は白鵬がスカウト!強いしイケメンで人気!

最重量の力士謙豊について紹介の記事を書きましたが、反対に最軽量の力士炎鵬を紹介していきたいと思います。大きな力士に対して小さい体で挑んでいくというのはいつの時代も人気が出ますよね。その分本人はかなり大変だとは思います。

私が一番記憶に残っている小柄で強い力士といえば、今は解説で出ている舞の海さんですね。技のデパートといわれるほど多彩な取り組みができる力士でしたので、多くのファンがいたのではないでしょうか?

最近では漫画とアニメで人気の火の丸相撲の潮も力士になる条件を満たせないほどの体の大きさで戦っているからこそ。という部分もあると思いますので、今後も炎鵬は人気が継続していきそうですね。

さて、それでは炎鵬について紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

炎鵬のプロフィール

炎鵬は宮城野部屋所属で九州場所は十両十枚目に位置しています。勝ち越しは決めていますので、来場所はもう少し上に上がりそうですね。平成6年生まれの24歳です。

168cm、97kgと相撲取りにしてはかなり小柄ですよね。最重量の謙豊と比べると250kgと97kgですから大体2/5くらいしかありませんね。それでも幕内の下の重量で勝ち越しを決めているのは非常に素晴らしいですね。

たくさん食事をすることが得意ではなく、特に白米のにおいがだめでそのまま食べる事が出来ないのが大変ですね。ちゃんこなどでにおいを消してしまえば問題なく食べれるようです。

一度三月場所に十両に挙がりましたがその際は一場所で落ちてしまっていたので、リベンジでしっかり結果を残していますよね。

石川県出身で金沢学院東高校→金沢学院大学と進学し、角界入りをしています。

Sponsored Link

角界入りのきっかけは白鵬?

炎鵬は、学生時代からしっかりアマチュアの大会で結果を残していましたが、大学卒業前には就職活動をしていたそうです。しかし、応募先からも角界入りを勧められていたようですね。

実は、炎鵬が角界入りしたきっかけは大横綱白鵬で、炎鵬が大学4年の時に白鵬のマネージャーから声がかかり、宮城野部屋に稽古見学に訪れたそうです。そこで白鵬に声をかけられ、角界に進むことを決めたんですね。

白鵬の見る目はさすがに確かで、角界入りした炎鵬は初場所から6場所で十両までスピード出世をしました。これは最速タイの記録で、それを最軽量の力士が実現したことは素晴らしいですよね。

あの体で稽古中には白鵬を押し込んだり、同じく小兵の石浦といい勝負をしたりとかなり実力は持っています。

強いしイケメンで女性子供に特に人気!

小兵で強い炎鵬は最初にも書きましたが、かなりの人気力士になっています。大相撲の十両の取り組みの時間は、幕内の時間に比べて観客も少ないのですが、それでもかなりの炎鵬向けの声援があがります。

また、写真の通り目鼻立ちの整った顔をしていますので、女性のファンも多いようですね。比較的小さいので子供にも人気になっています。今後は舞の海のように幕内に上がって結果を残してほしいですね。

これからさらに上位で勝っていくためにはもう少し体重を増やさないと厳しいと思いますが、あの身軽な取り口という魅力的な部分が失われてもいけないと思うので、バランスをとるのが難しいですよね。

力で押し込めないながらも簡単には押し込まれない。でも自分では体をスムーズに動かして相手を翻弄する事が出来る。そんなバランスの体重を試行錯誤して見つけてほしいですね。

Sponsored Link

コメント