イケメン力士琴恵光(ことえこう)がマツコの知らない世界に出演?

皆さんは琴恵光充憲という力士を知っているでしょうか?少し読みにくい感じですよね。知っている方はなかなかの相撲通かイケメン力士が好きな方なのかなと思います。

琴恵光充憲はことえこうみつのりと読みます。1991年生まれの27歳なので、最近台頭している25歳以下の若い力士たちよりは、少しだけ年上ですよね。

ただ、琴恵光はインスタなどでは非常に人気のある力士で、どうやらマツコの知らない世界にも出演したことがある力士だそうです。もしかすると顔を見ればわかる方もいるかもしれませんね。

今回は、この琴恵光の人気の理由やマツコの知らない世界に出演した際のエピソードなどを紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

琴恵光の経歴や成績は?

琴恵光は元十両の松恵山の孫で、幼少期は柔道と相撲を同時に並んでおり、小学6年生の時にはわんぱく相撲全国大会でベスト8に入りました。

実は中学は相撲をやっておらず、柔道の特待生として高校に進学し、将来は料理人になろうと思っていた所佐渡ヶ嶽部屋の稽古を見学したことで入門を決意します。

それほど相撲に触れていたわけではないのに思い切った決意ですよね。これもやはり祖父が大相撲の力士だったことが大いに関係しているのではないでしょうか。

入幕後もスムーズに階級を上げてきたわけではなく、各段位を行ったり来たりしながら時間をかけて上がってきています。その分経験値はしっかり積めているのかもしれません。

入門から7年目に初めて十両に上がり、9年目以降は安定して十両の地位を得ることが出来るようになりました。

2018年は飛躍の年でもあり新入幕を果たすものの1場所で十両に陥落してしまいました。しかし、11月場所では十両筆頭で勝ち越していますので、2019年初場所は幕内に再チャレンジすることが濃厚でですね。

一気に勝ち上がってきたわけではないので、派手さはそれほどないのかもしれませんがこれまでの階級の上げ方を見ると、2019年~2020年にかけては幕内に定着するかもしれませんね。

Sponsored Link

琴恵光の人気の理由はイケメン?

琴恵光がインスタグラムで人気だと記載しましたが、理由はどこにあるのでしょうか?

一つは、その相撲の取り組みにもあると思うのですが、一番大きな理由はその端正なルックスにあるようで、特にスー女からの人気が絶大なようです。

身長185cmで体重が約130kgなので力士の中では身長がある割に体重が少ないので、比較的スマートな方ですよね。シュッとした顔立ちをしています。

幕内に定着している力士の中でイケメン力士といえば、勢や朝乃山などを思いつきますが琴恵光は少し違ったタイプで外国人っぽいです。栃ノ心が近いかもしれませんね。

朝乃山はかわいい系なので、個人的には勢よりも琴恵光の方がイケメンなんじゃないかなと思います。これは、スー女からの人気が高まるのも男ながらに納得できてしまいます。

実は、インスタで人気になっているのはイケメン以外にも理由があって、その投稿内容がとっても面白いんですよね。

インスタではハッシュタグ「#」を付けますが、これが「井」になっていたり、カモメが頭に止まっている画像と共に、帯に分がついていたとか、イケメンなのに面白い投稿をするというギャップで、ただイケメンというよりもより人気が出ているみたいです。

投稿数は多くないので、これからもっと色々な投稿をしてくれることを期待しましょう!

琴恵光にマツコ・デラックスもぞっこん??

実は琴恵光は、マツコ・デラックスの番組であるマツコの知らない世界に出演しているんですね。そのテーマは、マツコの知らない相撲飯の世界!

ここで、相撲飯といえばちゃんこですがちゃんこであれば色々な力士の人選が出来ますよね?その中でなぜ琴恵光が選ばれたのでしょうか?

実は、琴恵光の祖父や父やちゃんこ屋を経営していて、琴恵光自身も食に造詣が深く元々は料理人を志していたからではないかと考えられます。あとはイケメンでテレビ受けするから。これも大事です。

実際にマツコの知らない世界に出演した際には、マツコが組み合った時に右四つなのか左四つなのかを知りたいという事で、組み合っています。マツコでデカさに圧倒されているのも面白いですね。

最終的には、イケメンである琴恵光にマツコが抱きついて終わるという、予想できる展開でしたがなかなか面白い番組になったのではないかと思います。

イケメンでおちゃめというか若干天然気味の琴恵光。2019年は2度目の幕内に初場所でチャレンジすることが出来そうです。

もう少し継続して幕内に残ることが出来れば、そのイケメンがテレビに映る機会も多くなりますので、今よりももっと人気が出るかもしれませんね。ぜひ期待したいと思います。

Sponsored Link

コメント