なぜ石浦(いしうら)は高級車のマクラーレンから化粧廻しを贈呈?

今回は2019年3月の大阪場所で幕内に復帰する石浦(いしうら)という力士に関する記事です。

石浦は小兵力士の代表格の力士です。現在は本場所の解説で主に買う訳している舞の海は技のデパートと呼ばれていましたが、石浦は舞の海にもう少しパワーを足したようなイメージですね。

実は石浦は相撲以外でも注目の力士で、「角界のオシャレ番長」として知られています。ステューシーやアンディフィーテッド、シュプリームなどのストリート系を愛用しているみたいですね。

オシャレな石浦ですが、実はファッションブランドだけではなく有名なカーメーカーからも注目されています!紹介していきます。

Sponsored Link

マクラーレンから化粧まわし!

力士といえば、十両以上になると取り組みの前の土俵入りの際には化粧まわしをつけて土俵入りをします。

力士の多くは地元の後援会や出身の高校や大学、またCMに出ている力士などはCMのスポンサーから贈られることが多いです。人気力士程たくさん持っていますね!

最近では、稀勢の里が北斗の拳のラオウの化粧まわしを贈られたことが話題になっていましたよね。今年の引退相撲でもラオウの化粧まわしで土俵入りするのでは?と期待されています。

実は石浦は少し特殊で、あるカーメーカーから化粧まわしを贈られています。自動車と相撲は正直あまり関わりあいがなさそうなので、かなり意外ですよね。

マクラーレンは日本でCMを頻繁に打っているわけでもないですし、かなりのレアケースだと思います。デザインはグリーンのガルウィングの車が中心になっていて、なかなかかっこいいですね!

それと、厳密にいうとマクラーレン東京なので開発しているメーカーではなく、販売店でした。

Sponsored Link

そもそもマクラーレンって?

あまり車に関して興味のない方や、実用性の高い車以外には興味がない方も、マクラーレンという名前を聞いてもあまりピンと来ないかもしれませんね。確かに日本ではあまり走っていません。

マクラーレンは市販の車もそうですが、F1に出場しているチームとしての方が有名ではないかと思います。イギリスのメーカーであり、レーシングチームですね。メインで開発している車はスポーツカーです。

The Official Website of McLaren Automotive

せっかくなので、マクラーレンのホームページのリンクを貼っておきましたので、興味がある方はご確認ください。なかなか日常生活では見る事のないかっこいい車を見ることが出来ます。

ちなみに新車の車両本体価格は3000万円前後となかなか一般人の手の届く来るまではありませんし、正直手に入れてもかなり持て余してしまいそうですよね。乗って傷つけるのが怖くて、乗ることが出来なさそうです。

個人的には車高が低いと視野が狭くなってしまうので、出来れば車高が高い高級車の方が好きです。これは完全に好み次第ですね!

なぜマクラーレンが石浦に?

最初の方にも書きましたが、なぜマクラーレンは石浦に化粧まわしを贈ったのでしょうか?相撲とスポーツカーは正直に言ってあまり結びつかないですよね。

なぜマクラーレンは石浦に化粧まわしを贈ったのでしょうか?

実は、石浦の相撲のスタイルとマクラーレンのモットーには共通する部分があるとマクラーレン東京は考えていて、そんな石浦を応援する為に化粧まわしを贈ったようです。

共通している部分とは、「軽い、速い、強い」です。確かに石浦は軽量で速い割に、翻弄するというよりはしっかり力強い相撲で勝ち星をあげることも多くあります。

確かに、イメージとしてマクラーレンの車が持つイメージと合うのかもしれませんね。

ちなみに描かれている車は「650S」という車で大体販売価格は3400万円と非常に高いです。いくら幕内力士といえどこの値段はそうそう買えないですよね。

現役中の力士の運転は禁止されているのですが、車には興味があると話している再入幕する石浦。ぜひ幕内で活躍を続けマクラーレンの650Sを購入できるように頑張ってほしいですね。期待しています。

Sponsored Link

コメント