貴景勝の母親がきれいと話題!実は韓国人との噂もあるが画像で確認

貴乃花部屋から千賀ノ浦部屋に移籍してすぐに、小結として参戦した2018年九州場所で優勝を飾った貴景勝について、注目が集まっています。22歳という若さで初優勝を飾ったことで、貴景勝の生い立ちに注目が集まっていますね。

ワイドショーでは、幼い頃から厳しかった父親と貴景勝の関係が取り上げられ、実際に父親も貴景勝と一緒にワイドショーに出演していましたね。確かに厳しそうでした。

母親はそれほど多く出演しているわけではありませんでしたが、ある番組で写真などが出た際にその美貌に注目が集まっていました。今回は貴景勝の母親に注目していきたいと思います。

Sponsored Link

貴景勝の母親がきれい!

貴景勝の母親が注目されたのは、九州場所の優勝後の祝賀パーティーでの動画や画像でした。大きな優勝杯を片手で持つ貴景勝の左側に座る母親の美貌がテレビや視聴者の注目を集めたんですね。

私も画像を見ましたが、確かにきれいな方ですよね。50歳を超えているとは思えないですよね。そして、かなり気が強そうですが個性が強く経営者でもある貴景勝の父親を支えていく為には、気が強くないとやっていけないのかもしれないですね。

気が強そうというのは、完全に私の想像ですが、それほど間違っていないのではないかと思います。気の強い美魔女という感じでしょうか。

貴景勝がもし痩せていたら、母親の美貌の一部を引き継いでハンサムかもしれないですね。確かに今でも目尻の切れ長な感じとかは面影があるかもしれないですね。

Sponsored Link

貴景勝の母親は教育ママ?

他の記事でも書きましたが、貴景勝は高級住宅が集まる兵庫県芦屋市の出身で小学校から私立に通っているという事で、教育熱心なのかなとは思っていました。今回色々調べている中で、経営者の父親が保育園などを経営しているという事がわかって、なおさら教育熱心のイメージがつきましたよね。

実際に、小学校入学前には様々な塾で受験対策をしていてその数は合計で7つに上ったようです。比較するのもおこがましいですが、私自身もサッカーや水泳、そろばんをやっていましたがその倍以上とか共働きの両親ではとても送り迎えもできないですよね。

実際に、貴景勝が入学した仁川学院小学校は超難関で知られる名門校だったようです。角界でも貴景勝は異色の経歴の持ち主なのかもしれませんね。

母親は最後まで角界入りに反対していたという事ですが、大事な子供が頭をぶつけあい怪我の多いスポーツをするという事で、心配するのは当然だったのかもしれませんね。貴乃花部屋入りをした時に観念したという事です。

プライベートに関するインタビューなどを見ると話していることはしっかりしていて頭がよさそうですね!相撲に関することは貴乃花を受け継いで寡黙な感じですが。

母親は実は韓国人か?

貴景勝の母親には、実は韓国人ではないか?という噂がありますが実際には、貴景勝の実家がある芦屋市周辺の出身です。それでは、なぜ韓国人という噂が出てきたのでしょうか?

詳細な出どころやどのように広まっていったかはわかっていないのですが、おそらく貴景勝の母親の美貌が、韓国で多い整形美人並みだったことから、このような噂が出てきたようです。確かに韓流アイドルが年を重ねた所を想像するとイメージできるかもしれません。

保育園経営で実業家である父親と、専業主婦ながらもきれいな母親のもとで育つというと、おぼっちゃんに育ってしまいそうですが、そもそも父親がかなり破天荒でさらに中学から親元を離れて暮らしていたことで、お坊ちゃま感はないのかもしれませんね。

今回は、貴景勝のきれいな母親について注目して記事を書いてきました。今後も貴景勝の活躍と共に家族が注目されテレビに出演する機会が増えるかもしれません。

Sponsored Link

コメント