貴景勝の父親の職業は保育園運営会社経営で、極真空手の先生?

2018年九州場所での貴景勝の優勝によって、その家族にも注目が集まっていますね。貴景勝の母親がとてもきれいで注目されていることに関しては、別の記事に記載しました。

また、それよりも注目されたのは貴景勝の父親です。優勝の数日前から密着が付き、優勝後はお昼のワイドショーなどでも密着取材されると共に貴景勝と一緒に会話をするなど頻繁に出演していましたね。

元々自営業ということで、幼い頃から貴景勝に対してスパルタ教育をしていたことも別の記事として記載していますが、今回は自営業としてはどのような仕事をしていたのか?現在他にやっていることはないのか?などを紹介していきます。

Sponsored Link

貴景勝の父親は保育園経営?

貴景勝の父親である佐藤一哉さんは、保育園の経営に携わっているという事がインタビューなどで明確になっています。おそらく実家のある芦屋周辺での保育園だと思いますが、いったいどこなんでしょうか?

色々と調べてみましたが、明確に佐藤一哉さんの名前が出ている場所はありませんでした。ただ、何となくここかなと思う所は見つかりました。

芦屋に2つの保育園を運営している組織があり、そこの理事長が佐藤うめ子さんという方です。もしかするとその佐藤うめ子さんと佐藤一哉さんは親戚関係にあり、一緒に経営に携わっているのかもしれませんね。

貴景勝関を幼い頃から鍛え上げることができたのも、もともとの仕事での経験が大きかったのだろうと推測しています。保育士ではなくても、きっと子供に触れる機会や教育に関する勉強もしていたはずですしね。

Sponsored Link

佐藤一哉さんは空手家?

貴景勝の父親である佐藤一哉さんは、保育園の経営者であると共に自身は極真空手の選手でした。実は貴景勝も幼い頃は相撲よりも早く空手をしていて全国レベルの選手だったんですね。

ただ、全国大会で反則を取られてまけてから、判定がある勝負はしたくないという事で、空手を辞めて相撲に転向しています。一哉さんも本当は空手の道を進んでほしかったのかもしれませんが、結果的には相撲に転向してよかったですよね。

残念ながら佐藤一哉選手の実績を見つけることはできませんでしたが、独自でしっかりトレーニング理論を組んで幼い頃から貴景勝を鍛えていたくらいですから、自身もかなりの実績を残したのではないかと思っています。

今は、極真空手を教えることもしているようなので、貴景勝を育てた経験をもとに優秀な空手選手を育成してほしいですね!

貴景勝との関係

上の画像にも出ている通り、昔はお父さんと一緒に空手で成果を残しているんですね。貴景勝はインタビューで普段は優しいが、勝負の話になると非常に厳しく怖かったという事を話しています。その厳しさが貴景勝の今の成績の礎になっているんですね。

また、貴景勝の特徴でもある突き押しは、もしかすると空手で鍛えた技が基礎になっているのかもしれませんね。いずれにせよ良い影響を与えている事には間違いありません。

お父さんの一哉さんもインタビューで答えていましたが、11月場所での優勝で終わりではなく、2019年の初場所でしっかり結果を残して初めて本物。結果を残せなければ嘘つきだというのは、まさにそうだと思うので頑張ってほしいですね。

今後も、貴景勝が活躍することによってまた貴景勝のお父さんが注目されることを楽しみにしたいと思います。

Sponsored Link

コメント