ミラモンで密着の當眞嗣斗(とうまつぐと)が白鵬の宮城野部屋入門!

2019年3月31日に放送されるミライモンスターでは、相撲のミライモンスターに関して放送されるようですね。実は、5年前から密着取材をしているミライモンスターがこの春に高校を卒業します。

ミライモンスターの今後の進路などに対して、どうなったのかはとても気になる情報なので、その後を追ってくれるのは非常にいい試みではないかと思います。

今回の相撲のミライモンスターに限らず、是非取り組んでいってほしいですね。

話はずれましたが、今回は相撲のミライモンスターとして放送された沖縄出身の當眞嗣斗(とうまつぐと)さんの現状と今後について紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

當眞嗣斗(とうまつぐと)とは?

當眞嗣斗(とうまつぐと)さんは、沖縄県那覇市出身で浦添中学校卒業後、高校は最近では埼玉栄に次ぐ名門である鳥取城北高校に在学していました。

モンゴル出身の力士が多いイメージで、照ノ富士に逸ノ城、貴ノ岩なども鳥取城北高校の出身ですね。

ミライモンスターでは、2014年ころから密着を開始し、2015年の全国中学校相撲選手権大会で団体優勝、高校では、全国大会団体優勝を飾っています。

このサイトでも前に紹介している斎藤選手と同級生で、ライバル関係にあったようですね!

高校横綱の斎藤が八角部屋に入門!実は過去ミラモンに出演していた?
卒業式のシーズンが近づき、1年で最も新弟子検査の受検者数が多い三月場所が近づいてきました。多くの部屋でたくさんの力士候補が入門をしているようです。 そんな中、話題性抜群で将来も期待される力士候補が相撲協会の理事長である八角親方の部屋に入門...

中学生の頃には、プロ顔負けの体格で体重も150kg前後あったということですから、身体を大きくすることに苦しむ力士もいる中で、非常に恵まれた体格を持っていますよね。

両親は沖縄で居酒屋を経営していて、兄はおきなわ新喜劇で芸人として活躍しているようです。

Sponsored Link

宮城野部屋に入門

実は、既に當眞嗣斗(とうまつぐと)は大相撲の部屋に入門し、新弟子検査も終えています。入門したのは何とあの平成の大横綱である白鵬が所属する宮城野部屋です。

宮城野部屋は力士13人が所属する部屋で、十両以上の力士を指す関取も白鵬を含め3人います。横綱白鵬に幕内の石浦、そして軽量イケメン力士としても有名な炎鵬です。

入門時の當眞嗣斗(とうまつぐと)の体重は210kgあったということで、小兵で有名な石浦や、石浦よりも軽い炎鵬と同じ競技とは思えないほどの体重差ですよね。

日本相撲協会の力士プロフィールでは、炎鵬は体重100kgになっていますので、なんと二倍以上の体重です。素人目には普段の稽古から怪我が心配されるような体格差なので、お互い気を付けてほしいなと思います。

入門時には白鵬と握手をする姿も見られ、白鵬から「痩せろ」といわれてしまう、今は大体30kg~50kgほどを落として動ける体にしていくようです。今後が楽しみになってきますね。

前相撲も好成績で今後に期待

新弟子検査の後には、前相撲といって2番だけ取り組みを行い、次の場所での順位を決めていきます。先ほど紹介した斎藤や、當眞嗣斗(とうまつぐと)も見事に2連勝を飾り、同率で成績の最もよかった1番出世を飾っています。

まだ番付発表はされていませんが、高校横綱の斎藤と共にどこまで駆け上がっていけるのかが楽しみになってきますね。

普段の稽古から、大横綱である白鵬の胸を借りることが出来、小兵力士である石浦や炎鵬のスピードも感じることが出来る。非常にいい部屋に入ったのではないかと思います。

今はまだ体が重すぎて動きが良くないかもしれませんが、きっちり体重を落とすことが出来て、キレが出てくればすんなりと昇格していってしまうかもしれませんね。

体重が重いとそれだけ怪我をしやすくなってしまいますので、ぜひ体を壊さないように今後の活躍にも期待していきたいと思います。

Sponsored Link

コメント