妙義龍の奥さん(嫁)は高校の同級生?父親・母親・子供の名前は?

2019年初場所は小結で迎えるベテランの域に入ってきた妙義龍ですが、ここまで長く幕内で活躍する為には、家族の助けが必要不可欠ですよね。

既に妙義龍は結婚していますが、それまではもちろん両親をはじめとした家族の助けがあったでしょうし、今は奥さんや子供の存在が大きな助けになっているでしょう。

今回の記事では、幕内で長く活躍し関脇まで何度も上がっている妙義龍に関して、相撲の取り組み内容から少し離れて、家族に関して紹介していきたいと思います。奥さんとの関係は少し驚きでした!

私も子供が出来たら今よりももう少し頑張れるのかな?でも結局自分次第か。

Sponsored Link

奥さんは隣の席?

妙義龍が結婚したのは、2017年9月で一般女性との結婚を発表しています。一度関脇まで上がった後に怪我もあり、十両まで落ちる苦しい時期だったので、奥さんの支えがあって何とか幕内に返り咲いたのかもしれませんね。

妙義龍が結婚したのは30歳の時なのですが、そのお相手に少し驚きました。実は高校時代の同級生で1年生の時には隣の席だったこともあるようです。

高校の時からずっと付き合っていて。という事ならわかりますが、そういう訳でもなかったようなので少し意外な気がしました。名前は香奈さんというようです。

妙義龍自身は、高校当時からずっと気になる存在だったようですが交際には発展せず、大学も別の大学に進学しました。その間もこまめに連絡を取っていたようです。

2011年に十両優勝した時に交際に発展し、そこから6年の交際期間を経てのゴールインになったんですね。出会ったのが16歳ですから、15年くらいずっと知り合いでいて結婚したんですね。

なかなかめでたい話ですし、こんなに後になって同級生と結婚もあるんだなと思いました。

Sponsored Link

子供の名前は泰吉(やすきち)

実は授かり婚だった妙義龍。婚姻届けを提出した2017年6月中には長男の泰吉(やすきち)くんが誕生しています。

生まれるギリギリまで待たなくてもよかったのでは?と思いましたが、婚姻届けを出す日にちも二人で決めた大事な記念日なのかもしれないですね。

妙義龍の本名は宮本泰成といいますので、本名から1字取って泰吉という名前を付けています。こういう1字取るとかっていうのは少し憧れます。

私の家族は誰も名前の字を受け継ぐようなことはなかったので、新鮮なんですよね。私は名前を1字受け継ぎたいですし、受け継いだ子供が嫌だと思わないように努力していきたいと思います。

別記事にも書いたように妙義龍は相撲界随一のマッチョなので、泰吉くんももしかするとマッチョなスポーツマンになるかもしれませんね。

妙義龍の両親は?

妙義龍が香奈さんと付き合い始めるまでを支えた両親に関しても、少し掘り下げてみたいと思います。残念ながら名前はわかりませんでした。

妙義龍の実家は、家族で自動車の板金塗装を営んでいました。

妙義龍は学生の頃はあまりよくないグループに入っていて、父親から厳しいお仕置きを受けたとのことです。

あのマッチョの妙義龍にお仕置きが出来るなんて、とてつもなく強いお父さんなんですね。その父親と将来について話し合ったことで、相撲に本気で取り組む気持ちになったようです。

元々、根が素直だったんでしょうね。親としっかり話をして自分の気持ちを変え、高校も自ら厳しい高校へ進学していったのは両親との信頼関係があったからだと思います。

まだまだ結果を残し続けている妙義龍なので、1歳の泰吉くんが物心がつくくらいまでは、現役幕内力士として頑張ってほしいですね!

あの筋肉があればやっていけるはずです!

Sponsored Link

コメント