大相撲冬巡業2018長崎の駐車場や近隣の観光地やご当地飯は?

大相撲も2018年最後の九州場所が終わりましたね。残る今年の大相撲のイベントとしては冬巡業が残っていますよね。2018年平成最後の冬巡業は、長崎から始まり九州や沖縄を中心に回っていきます。

本場所にはなかなか参加できない相撲ファンの人たちにとって、近隣の都市に来てくれる大相撲の巡業は楽しみなイベントの一つではないでしょうか?また、本場所に比べると少しリーズナブルに楽しめるのもいい点ですよね。

本場所では見る事が出来ない面白いイベントが開催されるのも、巡業の魅力の一つです。今回は特に長崎市で開催される巡業に関して紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

大相撲長崎場所の開催概要とアクセス

大相撲長崎場所は2018年12月2日に長崎県立総合体育館(アリーナかぶとがに)で開催されます。開始は8時で終了は15時の予定です。当日は公開稽古に加えて力士との握手会、取り組みにセレモニーなどが行われます。

公式ホームページによると、駐車場はないので公共の交通機関を利用しての来場が推奨されています。路面電車は「大橋電停」下車徒歩10分、路面バスでは「油木町」下車徒歩1分、タクシーは浦上駅から10分、長崎駅から20分です。

仮に駐車場を利用したい場合には、最寄りのコインパーキングを利用することもできますよね。長崎城栄町という場所の付近にはいくつかコインパーキングがあります。会場の体育館までは大体徒歩10分くらいですね。

金額は大体1時間200円くらいです。ただし、台数はあまりないようなのでやはり公共の交通機関を利用するのがベターだと思います。

Sponsored Link

会場近隣の観光地は?

長崎には、有名な観光地がたくさんありますよね。会場となる体育館からの距離と観光地の特徴を紹介していきたいと思います。

まず初めに稲佐山です。会場からは車で約15分の距離です。ロープウェイで手軽に上ることが可能で雄大なパノラマや夜景を楽しむことができるスポットです。登山道も整備されているので、散歩してみるのもいいですね。

次に、長崎原爆資料館です。会場からは車で10分くらいですね。近くには平和公園もあります。原爆資料館は、被爆の惨状を示す写真や資料を展示されているので、平和学習を行うこともできますよね。

最後に、長崎ペンギン水族館です。ここは少し遠くて車で30分くらいかかります。一か所に行くだけで、様々な種類のペンギンに会う事が出来、魚を上げたり触ったりできるので、子供にも大人気ですね!

他にも色々な観光地があるようですので、ぜひ一緒に楽しんでみてください。

会場周辺のご当地グルメは?

長崎のご当地グルメを紹介していきたいと思います。もし遠方から来場する場合にはチャレンジしてみてもよいかもしれません。

まずは、長崎といえば定番のカステラですよね。これは言わずもがなな感じがしますので、ぜひ長崎土産にカステラを購入出来ると周りの方に喜ばれるかもしれませんね。

次に、長崎で麺料理といえば長崎ちゃんぽんだと思いますが、今回は島原手延べそうめんをお勧めします。島原は水の都なので、島原手延べそうめんはコシが強くて煮込んでも煮崩れません。お店で素麺を食べるのもいいですよね。

最後に長崎名物のトルコライスです。一皿にピラフとナポリタンととんかつを乗せた大人のお子様ランチ的な料理ですよね。カレーがかかっていることもあり、その場合には4つの味。組み合わせればそれ以上の味が楽しめますね。

このように、大相撲長崎場所を楽しむのはもちろんですが、ぜひ近隣の他の場所も一緒に楽しんでみてはいかがでしょうか?

Sponsored Link

コメント