元幕内大岩戸(おおいわと)が現在働く横須賀のレアメタル業者はどこ

力士が引退をした後には、横綱や大関、またそれ以外にも幕内に長く在位していた力士のように年寄となって親方になるか、他にも相撲部屋でちゃんこを作った経歴を生かしてちゃんこ屋をやるなどが主ですね。

今回は角界を引退した後に異色の経歴を持つ元力士の大岩戸に注目していきたいと思います。引退の際に八角理事長と共に行った記者会見で、会社員として働くことを報告していました。

角界を引退した元力士が会社員になるというのはあまり聞きませんよね。どのような会社でどのような仕事をしているのでしょうか?調べていきたいと思います。

Sponsored Link

大岩戸が就職した業者は?

大岩戸が就職したのは、横須賀のレアメタル業者といわれています。

調べてみると、横須賀市に拠点がレアメタル回収業者は2社ありました。それぞれについて簡単に確認していこうと思います。

レアメタル及び貴金属の回収業者とは、パソコンや携帯電話などの製品からそこに使われている金属を回収したり、レアメタルという希少な金属を回収する仕事です。

花岡金属商会

1社目は花岡金属商会という会社です。本社は神奈川県横須賀市にあり、新潟にも営業所があります。業務内容としては、貴金属、レアメタル、非鉄金属リサイクル業となっています。

工場から中間業者を通さないので、効果に買取ることが可能というのが売りのようですね。

法人からだけでなく、個人からも買取を行っているようで、スマホから写メで画像を送ることで査定も出来るようなので、手軽に出来るかもしれません。

あまり大規模な会社ではなさそうですね。

リフレックス

もう1社は株式会社リフレックスという会社で、昭和60年に設立された創業30年以上の老舗業者です。

拠点はすべて横須賀にあり、リサイクルセンターに分析・研究センター、循環資源リサイクルセンター、RRCリサイクルセンター、資材センターなど様々な拠点があります。

貴金属の回収以外にも、様々なリサイクルを実施しているようでかなり規模の大きい企業のようですね。個人からの回収は明確には行っていないようです。

大岩戸の就職先は?

大岩戸が就職したのはどちらでしょうか?

私が個人的に予想するのは、株式会社リフレックスの方です。拠点がすべて横須賀市ですし、規模が大きく拠点が多い上に、職種も多くあると予想されます。

営業として働きながら、フォークリフトを操作している姿も報道されていましたので、大岩戸は就職して1年弱で色々と取り組んでいるのかもしれませんね。

Sponsored Link

レアメタルとは?

ここで、本筋からは少し外れますがレアメタルとはどのようなものなのでしょうか?

レアメタルは希少金属とも呼ばれ、理由は金属の種類によて異なりますが、産業界での流通量が少ない金属のことです。

地殻中の含有量が少なく、採掘する為に非常にコストがかかったり、単体の金属として取り出すことが非常に困難であることなどが理由になります。

パソコンやスマートフォンなど、最近のデジタル機器、家電などにも欠かせない材料になっていて、需要がかなり高まっています。

日本にもレアメタルは存在しますが、採掘に対するコストが非常に高い為多くは海外から購入しており、その他にも一旦使われた製品から回収するという手段も取られています。

日本企業の多くの製品にも使われていますので、本当は自国で安価に採掘や精錬が出来ればいいんでしょうが、やはり人件費が高いのと、土地を確保するのにもそれなりにお金がかかってしまうので大変ですね。

最近だと、東京オリンピックのメダルを回収した家電製品から作るということで話題になったりもしましたよね。

大岩戸の今後は?

大岩戸は、今後会社員としてレアメタル回収業者として働き続けるのでしょうか?

私自身が同じ業界で働いているわけではありませんが、きっと肉体労働もありますし、営業であれば、色々な企業の人とコミュニケーションをとる必要があります。

大相撲の力士であった大岩戸は長く角界で活躍していましたし、その中で多くの後援会の方とかかわりがあったでしょう。また、多くの弟弟子もいたはずです。

八角親方やファンによると大岩戸は後輩に技術を教えるのが上手かったという事ですので、コミュニケーション能力が高かったと推定されます。

角界とは異なる世界ではありますが、今後はこれまでに生かした筋力と忍耐力だけでなく、コミュニケーション能力も生かして活躍していくことを期待しています。

Sponsored Link

コメント