大相撲力士の年間スケジュールは?本場所と巡業で休みが全然ない!

大相撲には年間6場所あって、それぞれ15日間ずつの合計90日間取り組みがあることはご存知の人が多いかもしれませんね。それでは、本場所以外はどのようなスケジュールになっているのでしょうか?

テレビニュースを見ていると、巡業部の〇〇がーとか、地方巡業で△△がーとかいうのを聞いたことがあれば、どうやら本場所以外には巡業というものがありそうですね。また、テレビで力士がカラオケを歌っているのも見たことがあります。

本場所以外には、ファンと接する機会を増やすようなイベントもあるみたいですね。今回は、大相撲力士の1年間のスケジュールを調べていきたいと思います。

Sponsored Link

大相撲力士の年間スケジュールは?

まず初めに、各月ごとにどのようなイベントがあるのかを大まかに見ていきます。

1月…初場所:両国国技館
2月…日本大相撲トーナメント、NHK福祉大相撲
3月…春場所、大阪場所:大阪府立体育会館
4月…春巡業
5月…夏場所:両国国技館
6月…海外巡業
7月…名古屋場所:愛知県体育館
8月…夏巡業
9月…秋場所:両国国技館
10月…秋巡業、明治神宮例祭奉祝全日本力士選士権大会
11月…九州場所:福岡国際センター
12月…冬巡業

こうしてみると、毎月のように本場所や巡業があるんですね。かなり過密なスケジュールです。本場所中や巡業中にはほとんど休みはないでしょうし、取り組みがなかったとしても稽古を休む日はなさそうなイメージです。

またそれ以外には2月のトーナメントや10月の選士権大会などがあるんですね。選手権ではなく選士権大会なんですね。力士で士がつくだからでしょうか?また調べたいと思います。

ここからは、それぞれのイベントについて少し細かく見ていきたいと思います。

Sponsored Link

本場所について

まずは一番初めに本場所です。開催中は毎日必ずテレビ放映されますし、大相撲といえば本場所!というイメージですよね。本場所が15日間行われているのは多くの方がご存知だと思いますが、意外とどこでやってるのか?とか知らない人も多いのかもしれませんね。

本場所は15日間が月をまたがないように設定されていて、初日が第二日曜日、最終日が第四日曜日になっています。これは、どの場所でも一緒ですね。前売り開始日や番付発表の日にちは特に決まっていなさそうな感じです。

2018年11月時点で既に2020年の本場所スケジュールまで出ていますので、気になる方はチェックしてみてはいかがでしょうか?

それにしても相撲のチケットは高いですよね。近くで見ようとすると15000円くらいかかります。気軽にはいけないですよね。それで横綱大関が休場でも満員御礼になるんですから人気がかなりあるんですね。

巡業について

大相撲で本場所と並んで大事なイベントの一つに巡業があります。春夏秋冬のシーズンごとの巡業に加えて、海外巡業もあるんですね。これはあまり知らなかったですが、なじみのない力士の取り組みは海外の方はびっくりするかもしれませんね。

巡業に関しては2018年冬巡業を例にとると、九州場所が行われている九州地方を中心に沖縄や埼玉も加えた計15日の巡業が行われます。大体同じペースで年4回とすると、合計で60日は地方巡業があるんですね。

早朝の稽古から取り組み、その他イベントも含めて大体午後3時頃で終わりになります。ちなみに、本場所より多少リーズナブルに見れる可能性が高いので、特に本場所の会場が遠い方は地方巡業に行くのもいいかもしれませんね。

海外巡業は今年はなかったようです。これは海外からオファーがあった場合に実施するのでしょうか?気になるのでまた調べてみたいと思います。

Sponsored Link

力士にオフシーズンはない!

こうやって見ると、力士にはオフシーズンはほとんどないですね。上位の人たちは本場所や巡業、選士権などの取り組みが主になりますが、下位の力士は付き人をやったり食事を作ったり買い出しに行ったりと他にもやることがたくさんあります。

毎日やることはありますが、1日当たりの活動時間はそれほど長くない場合も多いのかもしれませんので、そこが自分の時間という事になりそうです。勝負の世界で生きていくというのは大変です。

けがの多いスポーツですし、選手生命も短いですがその分密度が濃い時間を過ごしているのかもしれませんね。こうすると、解説者や親方にならない、引退した力士たちはどこで何をやっているのかも気になりますね。

ぜひ今後も相撲の人気が冷めずにどんどんと若い力士が活躍していくような状況になってほしいなと思います。

Sponsored Link

コメント