大相撲の三賞(敢闘、殊勲、技能)の賞金(200万)と選考基準は?

大相撲には、優勝争い以外にも特筆した活躍をした力士に対して与えて表彰をしています。それを、三賞といい、敢闘賞、殊勲賞、技能賞の3種類が設けられています。

優勝争いだけではなく、この記事を読んでくださる皆さんはこれからは三賞にも注目してみて頂けるように、今回の記事では三賞のそれぞれの内容と賞金額、選考の基準などについても紹介していきたいと思います。

三賞の受賞は、優勝には届かなかったものの評価されるに値する結果を残したことに対して評価される賞ですので、受賞した力士は今後注目が必要という事になります。それでは見ていきましょう。

Sponsored Link

大相撲三賞の種類は?

大相撲の三賞には、その名の通り三つの種類があります。それは、敢闘賞、技能賞、殊勲賞の三つです。それぞれについてどのような部分を評価するものなのか見ていきましょう。

まず敢闘賞ですが、敢闘賞は比較的広い範囲の意味で敢闘、頑張った力士に贈られる賞です。他の技能賞や殊勲賞には該当しないが、頑張りが印象に残った力士に贈られる生ですね。頑張ったで賞ですね!

次に技能賞ですが、その名の通り優れた技能を発揮したい力士に与えられます。決まり手が豊富でしっかりとした型の基本技術を持っていることも受賞の条件の一つになっているようです。色々な決まり手で勝つ必要がありますね。

技能賞を受賞するのはこの三賞の中で最も難しく、該当力士が出ないことも少なくありません。力士の中では一番重んじられている賞です。

最後に殊勲賞ですが、これもその名の通り殊勲を挙げた力士に与えられます。唯一、優勝力士に土をつけるとか、大関や横綱複数人に対して土を付けたなどで評価されることが多いようですね。比較的若い力士が受賞するイメージがあります。

相撲の三賞はこのようになっています。

個人的には殊勲賞をもらえるような、勝負強い力士が好きなので、殊勲賞をもらった力士には今後も注目していきたいと思います。

Sponsored Link

三賞受賞の賞金は?

実は相撲の三賞にはかなり大きな賞金が掛けられています。それだけ受賞するのが難しいという事ですね。三賞はどの賞であっても受賞すると200万円もらうことができます。15日間の取り組みで200万円ももらえるのは非常にいいですよね。

また、うれしいのは活躍して三賞のうちの複数の賞を一場所で受賞した場合には、その分の賞金をもらうことができるようになっています。最近では5月に栃ノ心が、7月に御嶽海が2つの賞を受賞して400万円をゲットしています。

一方で、三賞受賞該当者無しの場所が初めて出てしまったのが2018年9月場所です。横綱、大関などの上位が活躍し、関脇以下の力士があまり活躍できないとこのようになってしまいますね。1947年から数えて初めてなので、記録的です。

三賞の選考基準は?

三賞の選考基準に関しては、一部三賞の種類の所でも書きましたがそれぞれの賞の趣旨に該当する力士を選定することになります。その為、相応しい力士がいない場合にはもちろん該当者がいないことも十分あります。

また、それぞれの賞が独立して選考するわけではなく、全体のバランスを取って選考がされます。

例えば、独立して考えればすべての賞を受賞する候補がいたとしても、ある賞だけは近い成績の候補がいたとすると、最初の候補は2つの賞にとどまり、もう一つの賞は次点の候補が受賞します。

何となく、理不尽な気もしますがそういう決め方になっているんだからしょうがないですね。そのため、三賞をすべて一人で受賞するというのは非常に難しく、過去長い歴史の中でたった6人しかいないそうです。

また、特に規定はないようですが15日間出場していない力士。言い換えれば休場した力士は受賞できていませんし、主に11勝以上勝ち星を挙げることが隠れた条件になっています。

Sponsored Link

三賞の選考は誰がする?

力士にとっても重要な賞である三賞ですが、誰が決めているのでしょうか?

千秋楽の幕内の取り組みが始まる前に、記者クラブで主に親方で構成される日本相撲協会の審判委員と記者の投票で決まります。記者投票がある点は野球の新人賞のようですね。

このように、大相撲には優勝以外にも注目の賞がありますので、今後相撲を見る際には優勝争いだけではなく、だれがどの賞を取るかな?という事を考えながら観戦してもらうと、楽しみ方が増えるのではないかなと思います。

Sponsored Link

コメント