大相撲の番付表の購入方法と値段は?過去のPDFも入手したい!

大相撲には、番付表というものがあります。これは、力士の序列がどのようになっているかを示すもので、実は長者番付や〇〇番付などの一番大元になっているんですね。ご存知でしたでしょうか?

また、大相撲の番付表は場所ごとに更新されていきますので毎場所異なる番付表が作られます。1年で6場所ありますので、6回作られるという事ですね。そのタイミングでの力士の序列が記載されますので、集めたいな。と思う方や、記念に購入したい方も多いのではないでしょうか?

今回は、番付表の入手方法とその値段、また過去のPDFをどのように入手するかという点に関して紹介していきたいと思います。

Sponsored Link

番付表の購入方法と値段は?

番付表を手に入れる方法は何種類かありますので、順番に紹介していきたいと思います。番付表は、発行枚数に制限があって一人が複数枚入手できるので、確実に入手したい場合には早めの購入がお勧めです。

①本場所の会場で購入!

もちろん本場所が開催される会場では購入することができます。1部55円で、なかなか安いですよね。ちなみに東京でやる場合は国技館のみ。

名古屋、大阪、福岡の場合にはそれぞれの会場と国技館の2箇所で購入できます。国技館では毎場所購入できるので、東京の方は購入しに行くのもいいですよね!

Sponsored Link

②通販で購入!

本場所の会場がどうしても遠い場合には、通販でも購入することができます。相撲協会の公認正規販売店であるRTP相撲業務部という所のホームページで購入できるみたいですね。

ただ、送料はかかるようで1部55円の番付表に対して一律250円の送料がかかるので、送料の方が高いというのはちょっと複雑ですよね。それでも本場所の会場に行くよりは入手しやすいです。

③後援会に加入する!

相撲の後援会に加入する事でも、後援会から番付表を送られてきます。後援会というと、なかなか大変なように感じますが、部屋ごとだったり力士ごとに後援会があるので、ひいきの部屋や力士がいる場合には調べてみるといいかもしれませんね。

ちなみに、後援会毎に色々異なりますが会員にはクラス分けされていることが多く、クラスごとに会費や特典が異なるようです大体年間1万円~20万円くらいかかるようなので応援の気持ちと特典の大きさとお財布との相談ですね!

④雑誌を定期購読する!

最後に、毎月発行される雑誌「相撲」を購読する事でも付録として番付表がついてくるようですね!この雑誌は、本場所の結果のみならず相撲界に関係する様々なことを特集した雑誌です。

1冊900円~1100円くらいで微妙に月によって変動するのはなぜかわかりませんが、定期購読していれば忘れることはありませんよね。

実は私も相撲ブログを運営するにあたって、購入しようかどうか迷っている雑誌でもあります。

番付表入手法についてまとめ

このように、様々な入手方法があります。単純に番付表だけを購入するのもよし。後援会加入や雑誌購入など他の物と合わせるのもよしで、選択の幅はそれなりにありますよね!

個人的には本場所会場に買いに行くのも大変ですし、場所ごとに通販で購入するのも忘れてしまいそうなので、後援会加入か雑誌購入で自動的に送ってもらえるのがお勧めです!

Sponsored Link

過去の番付表(PDFも?)の入手方法は?

最後に、過去の番付表が欲しい!という方はどのようにすればよいのでしょうか?

発行された当時の原紙を入手したい場合には、オークションなどで入手するしかありませんね。ただ、かなり高いと思いますので強い思い入れがなければなかなか購入できないのではないでしょうか?

原紙ではなくてもいいという方は、PDFなどの電子データでの入手もありですね。ただし、公式には出回っていないようなので、購入した誰かがスキャンなどしたもらったものを譲ってもらうしかなさそうです。入手できるようにしてほしいですよね。

番付表の入手方法について書いてきましたが、日本中探せばそれなりの数のコレクターの方がいそうですよね!ぜひ、みなさんも取り組んでみてはどうでしょうか?

Sponsored Link

コメント