貴ノ岩と貴乃花の関係は?日常の大切さを弟子に説き裏切られる親方

日馬富士が貴ノ岩に暴行した事件で一生懸命貴ノ岩を守ろうとしていた貴乃花親方にとっては、かなり残念なニュースになってしまったのではないでしょうか?

当時は被害者だった貴ノ岩自身が、今回は暴行の加害者になってしまいました。それも自身と同じ貴乃花部屋から千賀ノ浦部屋に移籍した力士の貴大将に対してです。相手がだれであってもいけないですが、仲間を傷つけることもよくないです。

これで、暴力を嫌っていた貴乃花部屋出身の力士の中で、貴公俊に続いて2人目の暴力沙汰になってしまいました。あれだけ協会に対しても物言いをしていたのに、皮肉な話ですよね。

Sponsored Link

貴乃花と貴ノ岩の関係は?

元々貴ノ岩が所属していた貴乃花部屋の親方である貴乃花と、弟子であった貴ノ岩はどのような関係だったのでしょうか?入門時点から確認していきたいと思います。

貴ノ岩が貴乃花部屋に入門したのは2008年ですが、入門のきっかけは少年時代より貴ノ岩が貴乃花に憧れていたからです。もしかすると横綱としての貴乃花の姿に憧れていたのならば、実際に親方になった貴乃花はイメージと違ったかもしれませんね。

貴ノ岩の四股名に関しても貴乃花が付けましたが、実は偶然出会った美輪明宏が貴ノ岩のことを岩のよう。と評したことによるものなので、実質美輪明宏が名付け親といってもおかしくないですね。

貴乃花自身は外国人力士は取らないと言っていたにも関わらず貴ノ岩の入門を認めたという事は、非常に期待していたのではないかと推測できます。

いずれにせよ、日馬富士との暴力事件の時の貴乃花の動きを見ていると一生懸命弟子の貴ノ岩を守ってやろう!という気持ちはよく見えましたよね。やり方がよかったかどうかは別として。

Sponsored Link

貴乃花の日常の指導は?

貴乃花の弟子に対する指導方法はどのようなものだったのでしょうか?

九州場所で初優勝した貴景勝はインタビューの中でいくつか貴乃花の指導に関して答えています。

その内容によると、相撲の技術も大事だがそれよりも本場所を戦い抜くための準備が大事。どういうことを普段からしなければいけないか?普段の生活、食事、睡眠などをきちんとすることが大事。

また、土俵上の振る舞いとしても一喜一憂するのではなく、気持ちを上げ下げせずに淡々とやることが大事。という事を教わったといっています。

何となく貴乃花親方っぽいですよね。いつも淡々としていて感情をあまり表に表現しませんし、日常を大事にしている感じは親方の立ち居振る舞いからも感じる事が出来ます。

同じことを貴ノ岩もよく教わっていたはずなんですが、きちんと取り組めていなかったのでしょうか?感情のコントロールがしっかりできていれば今回のような暴行事件は起きなくて済んだと思うので、非常に残念ですね。

貴乃花は裏切られた?

貴乃花は今回の事件を受けて、貴ノ岩に対して貴大将の気持ちを本当にわかっているのか?と問いかけています。貴大将を殴ることは貴乃花を殴ることと同じであると。

今時点で、貴ノ岩と貴大将の生活や普段の関係までよく知っていて、さらに公の場で比較的自由に発言をすることが出来るのは貴乃花以外にいませんので、発言の影響力は大きいですよね。

貴乃花自身は今まで育ててきた貴景勝が優勝といううれしいニュースの後に、一番弟子といっても過言ではない貴ノ岩が自身の別の弟子に暴力を振るってしまったというニュースを聞いて、さぞ残念だったと思います。

きっと裏切られたような気持にもなったと思います。自分が貴乃花の立ち場だったとしたら、とてもやさしい言葉をかけることはできないですね。

しかしそれでも貴乃花は貴ノ岩に対して、貴大将の気持ちを理解することが今後の貴ノ岩自身の人生にとってとても大事なことになる。という発言をしています。

相撲協会に対しては子供のような態度を取っていたことはありますが。弟子想いで相撲が大好きなんだなと改めて実感させられる感じです。

貴ノ岩は引退後どのようになっていくのかはわかりませんが、できれば総合格闘技などにはいかずにイメージを崩さずに生活していってほしいなと思います。

Sponsored Link

コメント