大相撲の友風は嘉風のアドバイスで御嶽海以来の新十両優勝を目指す

※11/25更新

千秋楽で琴勇輝を破って新十両での優勝を決めましたね!今場所十両に上がったばかりなので、初場所での入幕はお預けかもしれませんが、期待の力士がまた一人出てきました!

幕内では、共に初優勝を目指す大関高安と小結貴景勝が熱戦を繰り広げ、横綱不在の大相撲を盛り上げていますが、十両でも新たな若い力士が優勝に近づいています。

2018年の九州場所で場所十両にあがったばかりで新十両の友風は、新十両とは思えないほど安定した相撲で勝ち星を積み重ねていますよね。

13日目が終わった時点では、幕内で三役まで上がった琴勇輝と10勝3敗で並んでいましたが、14日目には琴勇輝が敗れ、友風は勝ったので単独トップです。

優勝の可能性が残っている力士は経験豊富な豊ノ島や照強もおりまだどうなるかわかりません。また、千秋楽は友風は琴勇輝との対戦が残っていますので、琴勇輝が勝てば複数人での優勝決定戦の可能性もあります。

上に一度上がって落ちてきた力士よりも、これから伸びていく若い力士には頑張ってほしいので、何とか友風には勝って優勝を決めてほしいですね。

Sponsored Link

友風は嘉風のアドバイスを受ける

友風は日体大に所属していましたが、在学中から日体大OBの嘉風の指導をよく受けていた関係で、嘉風が所属していた尾車部屋に入門することになりました。

一般的には、付け人になるのは幕下以下の力士で十両になると付け人をつける側ですが、友風は今も嘉風の付け人を務めており、たくさんのアドバイスをもらっているようです。

友風と同い年には、逸ノ城など有力な力士がおり先に結果を残している同級生に対して悲観的になっている時にも、嘉風の言葉で前向きになったようです。これが入門して2年もかからずに十両の優勝に絡む所まで来ている理由かもしれないですね。

私が一番驚いたのは嘉風は勝利後のインタビューでも比較的そっけない感じなので、あの嘉風が後輩に対してそんなにしっかりアドバイスをしているんだという所です。

そういう一面があるからこそ、大学の後輩が慕って同じ部屋に入門したりするんですね。私は残念ながら同じ場所にいたいなと思う先輩は、学生時代には会う事が出来ませんでした。

今後も嘉風と共に角界で活躍していくのは間違いないでしょう。

Sponsored Link

新十両での優勝は御嶽海以来?

十両は28名いるのですが、幕内経験者も多くいる中で新たに幕下から上がってきたばかりの力士が千秋楽まで優勝に絡んでいるのはすごいですよね。

新十両での優勝を果たしているのは最近では逸ノ城や御嶽海など大関候補にもなるような実績を残している力士です。もし明日の千秋楽で友風が優勝した場合には、彼らのようにすぐに上位にあがってくるかもしれませんね。

貴景勝を筆頭に、20代前半の若い力士が徐々に活躍してきていますので是非友風にもその中に食い込んで上位で活躍してほしいです。今場所は仕事の休みがなくあまり見れていなくて今日初めて友風の取り組みを見ましたが、今後も非常に期待できますよね。

ネットでも友風の優勝を期待する声多数!

ネット上でも友風の優勝を期待する声が多数あります。もちろんベテランの豊ノ島や最近低迷していた琴勇輝、同じく若手で小兵として活躍する照強にも頑張ってほしいですが、やはり新十両優勝というのは貴重ですからね。

単独トップなので、琴勇輝にさえ勝てればよいですがもし負けてしまった場合には最大4人の優勝決定戦になります。4人の場合はトーナメント形式で行われるんですね。

もし3人だった場合には巴戦となり、誰かが2連勝するまで勝負が続けられることになります。これはずっと勝って負けての繰り返しになってしまったらずっと終わらなくなってしまいますね。笑

いずれにせよ、一度目は負けても優勝の可能性は消えないとはいえやはり勝って優勝決定戦に臨んでくる方が勢いがついていますので、何としてでも友風には最初の琴勇輝との取り組みを制して優勝を決めてほしいです。

Sponsored Link

友風はピアノも出来る?

実は、友風関がすごいのは大相撲だけではなく一見力士とはイメージ上は結びつかなさそうなピアノに関しても素晴らしい技術を持っています。

過去には音大に進学するべきではないか?という声もあったという事なので、人並みに出来ます。というレベルではなかったんですね。指が太いと難しそうですが、器用なんですね。

今でも実家に帰った際にはピアノを弾いているそうなので、そのうち、力士のカラオケ大会で友風関がピアノを弾いている姿を見ることが出来るかもしれないですね。

Twitterにたまにピアノを弾いている動画をアップしていることもあるので、気になる方はフォローしてみるといいかもしれませんね。

音楽と運動は相性がいいとは思っていましたが、ピアノと相撲というのは異例だと思います。今後も音楽に触れていることが友風の強みになるでしょう。

今後の活躍に期待ですね!すぐに幕内で姿を目にする機会もあるでしょう。

Sponsored Link

コメント