矢後(やご)が四股名に「風」を付けないのはなぜ?琴風継承案も浮上

2019年初場所で新入幕が期待される力士の一人に、矢後という力士がいます。尾車部屋に所属しているのですが、幕内に上がる現在まで本名を四股名としている数少ない力士の一人です。

一般的には、給料をもらえる関取になるタイミングで四股名を本名から変更したり、成績が振るわない時に心機一転として四股名や字を1字だけ変えたりなど変更することがあります。

今回の記事では、矢後が所属している尾車部屋所属力士の四股名はどのようになっているのか?また、矢後はなぜ四股名を変えないのかと、今後変える可能性はあるのか?という点に関して、書いていきたいと思います。

Sponsored Link

尾車部屋の所属力士の四股名

矢後が所属している尾車部屋には、幕内の嘉風を筆頭に16名の力士が所属しています。その力士たちの四股名を確認すると、多くの力士に共通点があります。

それは、四股名に「風」という文字が入っている事です。実に16名中10名もの力士の四股名には「風」という文字が使われているのですが、これにはしっかりした理由があります。

実は尾車部屋の尾車親方は現役時代に「琴風」という四股名で相撲を取っていました。この親方の「風」という文字を取り込んで、四股名をつける人が多いので、このようになっています。

矢後以外に「風」がついていない力士は5名いますが、幕下や序二段、序ノ口とまだ十両以上には上がることが出来ていない力士です。

一方で、十両に上がれていない力士の中でも、既に「風」の文字をつけている力士が多いので、特に部屋としてどのタイミングで四股名を変更するか?などは決まっていないのかもしれませんね。

他の部屋と比較しても共通の文字を使っている率が高いような気がします。それだけ親方や兄弟子が信頼されているのかもしれませんね。

Sponsored Link

矢後はなぜ四股名を変更しないのか?

十両以上の力士は矢後以外すべて「風」の字をつけているのですが、矢後はなぜ四股名を変更していないのでしょうか?その理由は調べてみると二つありました。

一つ目は、昇進が早すぎたことです。矢後はアマチュア横綱になり幕下15枚目付け出しで入門し、その後2場所で十両昇進を決めてしまったので色々と準備が間に合わなかったことがあります。

新十両昇進というタイミングが歴史的な速さであったという事が、切りのいいタイミングで四股名を変更しなかった理由です。

新十両昇進のタイミングで尾車親方も、「いろいろと四股名は考えたが、トンボになって羽が飛び出してから」と矢後をトンボの幼生のヤゴになぞらえてコメントをしていました。

また、二つ目は少し暖かい話ですね。矢後は北海道出身ですが高校は埼玉栄高校、大学は中央大学に進学しています。

矢後を応援するご両親は矢後という名前で相撲を取る子供の姿を中学卒業までのほんの短い間しか見ていないんですよね。四股名がつくことはうれしいですが、少し寂しい気持ちもありそうです。

矢後から相談があったのか、察したのかはわかりませんが中央大学の先輩でもある豪風が、尾車親方に対して、もう少し矢後の名前で相撲を取り、親に見せてあげたいという話をしてくれたそうです。

この2つの理由から、矢後は現在も本名のまま相撲を取っています。もう少しの間、矢後という名前でよいニュースを北海道の両親に届けるのかもしれませんね。

今後四股名を変更する可能性は?

矢後は今後四股名を変更する可能性はあるのでしょうか?個人的には、どこかのタイミングで変更する可能性はあると思っています。

一番早いタイミングだとすると、まずは新入幕が正式に発表されたタイミングが挙げられます。入門からもうすぐ2年ですし、一番きりのいいタイミングではないでしょうか?

この場合には、もしかすると2018年中に発表があるかもしれませんね。初場所の番付発表のタイミングが気になります。

他にも、成績がふるわなくなってしまった時などあるかもしれませんが、本名からの改名なので何となく縁起がいいタイミングで改名するのがいいかなと思います。

矢後の解明後の四股名ですが、勝手に一つ考えてみます。親方の言葉から、ヤゴ→トンボと来て、トンボは日本では古くから秋津(アキツ)と呼びます。そこに尾車親方の「風」をつけて「秋津風」なんて四股名はどうかなと思いました。

もし、尾車部屋親方の関係者の方がこのブログを見ることがあれば、参考にしてもらえれば幸いです。矢後の四股名に関して注目していきたいですね!

Sponsored Link

琴風継承案が浮上!

2019年初場所で新入幕なので、番付発表会見に臨んだ矢後に対して、尾車親方は夢を見させてもらいたいと期待の言葉をかけていました。

四股名に関して話が及ぶと、当面本名である「矢後」という名前は変えないものの、三役に昇進するタイミングで「琴風」が生き返ってくれるといい。と話しました。

「琴風」はここまで書いてきた通り、尾車親方の現役時代の四股名です。自分の名前を付けてほしいという事は、その分非常に期待しているという事ですね!

最終的には矢後と相談して決めることになるとは思いますが、もしかすると2019年中に三役に上がって琴風が角界に復活するかもしれませんね。

ますます気になるニュースが増えてきて楽しみです。

Sponsored Link

コメント